薬剤師が転職をするにはしっかりと準備をする必要がある

将来のことを真剣に考えるようになった

私は子供の頃から医療関係の仕事に就きたいと考えていて高校に入ってからは将来のことを真剣に考えるようになったのですが、医師と言う職業は私には合わないと思っていました。
私は医師として活躍するタイプではないと考えていてどういった職種が合うのか悩んでいたのですが、そんな時に風邪を引き病院に行って医師に診てもらった後薬局に寄った時に薬剤師を見てはっきりしました。
私にはこの仕事が合っていると思い資格を取って薬局で働こうと決心したのですが、この資格を取るのは簡単なことではなく薬学部に入って勉強しなければならなかったのでかなり大変でした。
私は勉強が出来る方ではなかったので薬学部に入るのも一苦労だったのですが、大学に入った後もきついことが多く途中で投げ出したい衝動に駆られることもありました。
しかし私にはこの道しかないと思い必死で勉強して何とか資格を取り希望していた薬局に就職することが出来たので良かったですし、これから人の為に働くことの出来る喜びで一杯でした。
その薬局では基本的なことを教えてもらい先輩にも可愛がられたので楽しく仕事をすることが出来たのですが、働き出して数年してからシフトが変わり労働時間がかなり長くなりました。
休日日数も削られた上に給与の額もなかなか上がらなかったので不満が募ったのですが、それでも周りの同僚や先輩が一生懸命頑張っていたので何とか耐えていました。
それに私を信頼してくれる患者さんもいたので人の為に働くと言う初心を忘れないためにも頑張ろうと思ったのですが、あまりに待遇が悪くなったのでかなり精神的に参ってしまいました。
待遇が良くなければ安心して働くことが出来ないので、これは限界ではないかと考え転職をした方が良いと思いその準備をすることにしました。

将来のことを真剣に考えるようになった待遇の良い薬局を探すこと働き甲斐のあるところかどうか